ホーム > 事例紹介 > 来客利便性を大幅に改善、貸展示場を活用して営業強化

[case04]来客利便性を大幅に改善、貸展示場を活用して営業強化

写真

営業強化コスト縮減

食器製造・販売業 N社様

事例キーワード
営業強化・貸会議室/貸展示室・立地改善・コストダウン

移転概要

立地改善を目的とした移転を計画。
移転前は貸室内で開催していた展示会について、移転後はビル内の貸会議室/貸展示場を利用。
繁華街のメインストリート沿いのビルへの移転により、交通アクセス改善とビルの視認性が向上。
営業強化と来客・従業員の利便性が改善した。

当初の問題点

移転前は住居・オフィスが混在したエリアのビルに入居。ビルの視認性が低く、来客へのわかりにくさに難点をかかえていた。定期的に展示会を開催するため、貸室内にショールームを開設しており、移転先についてもショールームを開催できることはもちろん、来客への案内のしやすさが必要条件。それ以外にも、商品の搬出入のための大型エレベータや荷捌きスペースなど、複数の条件を満たす必要があり、候補の選定が難しい状況であった。

提案内容

関電プロパティーズより御堂筋沿いのビルを提案。ショールームについては展示スペースを固定で借りずに、ビル内の貸会議室/貸展示場を利用することで、展示規模や来場者数に応じて大小の展示場を使い分けるメリットを提案。ビル内には荷物用エレベータや荷捌きスペース、搬入車両の一時駐車スペースもあるなど、展示会の開催に最適な条件が揃っていた。同ビルは御堂筋沿いで視認性が高いことから、移転前と比較して来客へのわかりやすさも移転メリットとして評価いただけた。また、地下鉄御堂筋線が利用可能で交通利便性が高いことから、来客だけでなく従業員の通勤や取引先への訪問にあたっても利便性が向上するなど、業務効率改善のメリットが提供できた。

担当者コメントと事例まとめ

関電プロパティーズのビル選定サポートでは、一般的な事務所だけでなく、来客が多く展示会等を開催される「ソフトオフィス」といわれるニーズに対応できる物件の紹介も可能です。
また、大阪ビジネスパークでは貸会議室・貸ホールの運営も行っており、サービス面でも企業活動のサポートを行っております。

関連リンク先

事例一覧に戻る次の事例を見る
このページを印刷する

事例紹介 | CASE STUDIES

メールマガジンで情報を受け取る

オフィスコストのシミュレーション

貸会議室・貸ホールのご案内

大阪ビジネスパーク TWIN21店舗案内

このページの先頭に戻る